ファクタリングを利用し資金繰りの改善を

category01

ファクタリングを活用していくことで取引先への売掛債権を早期に回収していくことを可能にします。

ファクタリングについて説明致します。

景気後退の影響により、取引先との支払いサイトが長期化の傾向も見られ、資本余力の無い企業では経営に影響を及ぼす傾向も顕著になっても来ています。


ファクタリングを活用することで取引先の状況に関わらず、売掛債権の早期回収を実現出来るようにもなっていきます。

売掛債権の早期回収というと悪いイメージを抱く方もいますが、売掛債権の早期割引は欧米では一般的な手法にもなっています。

取引先からの入金を意識することも無く事業資金の入金が可能となります。
事業資金の借り入れを検討している企業でも、事情があり新規での借り入れが難しい場合もあることでしょう。



ファクタリングによる資金調達の場合は、税金の滞納がある場合や、公共料金の未払い等が生じている場合でも無理なく事業資金の調達を進めて行くことを可能にします。
銀行等の金融機関への借り入れ申請とは違い、利用に際して担保や連帯保証人の提示等も必要では無く、最短で10日程度の短い期間での借り入れを可能にしていきます。
資金繰りが健全になっていくことで、本来の営業活動に尽力を注ぐことが出来る体制が整っていくようになります。

売掛債権の割引とは言っても、取引先が破綻したような場合でも債務の弁済が発生するようなことはありません。
スピーディに事業に必要無資金が手に入っていくのがファクタリングの魅力です。



ファクタリングのみんなの常識

category02

ファクタリングの手数料の相場は、2社間なら5%〜30%程度となっているようです。2社間のほうが主流ですが、3社間を選ぶこともできます。...

subpage

ファクタリングの事柄

category02

ファクタリングの大きなデメリットは、利用したときにかかる手数料です。手数料の大きさは売掛金のある取引先の信用力によって左右され、細かな設定はファクタリング業者ごとに異なります。...

subpage

ファクタリングを詳しく知りたいなら

category03

ファクタリングとは未回収の売掛金や債権を手数料を支払ってファクタリング会社に譲渡し、即日現金化する金融取引の総称です。銀行からの融資やビジネスローンの審査が通りにくい中小企業や個人事業主を中心に、新しい資金調達方法として需要が伸びています。...

subpage

ファクタリングのためになる情報

category04

売掛債権を現金化することができるファクタリングを利用する意義として、キャッシュフローが改善されることが考えられます。近年では黒字であるにも関わらず、キャッシュフローが滞ってしまい、倒産に至る会社が少なからずあると言われています。...

subpage